六崎太朗の0ヘルツ波動

波動強化人間としての波動パワーを駆使したあれこれ、健康や農業などいろいろ応用可能です。

豆腐も水で洗うた方がええ、クラスターの小さな水による界面活性剤の除去。

豆腐に関して最近わかったこととして、その製造にあたり界面活性剤を使うとることがあるんよ。

 

もともと豆腐は、豆乳ににがりを加えて固めるもの。

 

職人が泡立ちを防いで、平な表面にするように相応の技を使うことをしとった。

 

しかし大量生産することになると、とてもそんとな職人技なんかできんのよ。

 

そこでどうするか、界面活性剤によって泡を消すしかないんよ。

 

泡があると、表面が凸凹になるんで商品にならんのよね。

 

それで、その界面活性剤を除去することができれば、安全に食べることができるんよ。

 

その方法としては、クラスターの小さい水で洗うことなんよ。

 

豆腐を15分ぐらいつけておくんよね。

 

界面活性剤は、水に溶けやすい。

 

うちら波動強化人間であれば、その波動によって水のクラスターを細かくできる。

 

浄水器で塩素とかを取った水に、波動を入れりゃええんよね。

 

実際洗うた豆腐で、味噌汁作ったらいつもと味が違うんよ。

 

界面活性剤の除去、確かにできとるようじゃ。