六崎太朗の0ヘルツ波動

波動強化人間としての波動パワーを駆使したあれこれ、健康や農業などいろいろ応用可能です。

アメリカ軍艦、中国人工島付近を再び航行へ。厄介な問題起こすのう中国。

アメリカ海軍は、中国が南シナ海に建設中の人工島付近に、さらなる艦船を派遣する予定だと米当局者が27日、明らかにした。

米海軍のイージス駆逐艦ラッセンは現地時間の同日朝、周辺国による領有権争いの的となっている南沙諸島(英語名スプラトリー諸島)で中国が自国領土と主張している人工島のうち少なくとも一つの12海里(約22キロ)内に進入。

これに中国政府は激怒し、駐中国米大使を呼び抗議した他、「主権に対する脅威」と強く非難した。

匿名を条件にAFPの取材に応じた米当局者は、米軍が人工島付近の航行を再び実施すると言明。

国際水域においては、自由な時間と場所で航行すると語った。

また、上院軍事委員会の公聴会で証言したアシュトン・カーター国防長官も、人工島周辺の12海里水域内でさらなる活動を行うことを示唆。

われわれは、国際法で認められている場所であればどこでも飛行航行し、作戦を展開する、という原則にのっとって行動していると述べた。

複数の諸国が領有権を主張している南沙諸島で、中国が岩礁を埋め立てて軍事施設の支援につながるような人工島を造成し始めて以来、同海域をめぐる緊張は高まる一方となっている。

中国は、この人工島周辺を領海と主張しているが、米政府はこれを認めない意向を繰り返し表明している。

中国が、普通はやらん人工島なんかを作りよるけえ、要らん問題が発生しよる。

中国の覇権主義がもたらす弊害は、しばらく続くじゃろう。