六崎太朗の0ヘルツ波動

波動強化人間としての波動パワーを駆使したあれこれ、健康や農業などいろいろ応用可能です。

ここ数年の戦略と、周囲の状況変化。カルトである某教団との戦い、教祖の死で火蓋なんじゃけど、どうなるか?

昨日は某教団がらみのことで、山口のTさんと久々に電話会談。

教祖の星回りと現在の状況、それとこの戦いに影響を与えそうな第3勢力について話し合いました。

教祖の星回りは暗剣殺、今年を乗り切ると再来年まで安泰。

組織は弱体化で映画を無料で見せるケースが増加。

第3勢力としてRRと前妻K子がおるんじゃけど、RRは指導者死去により弱体化、K子も教団離脱後のことが失敗して弱体化、影響なしいう結論になった。

教団のスキャンダルが明るみに出るまでは、初期に画期的なことを説いたことを尊重し、活動内容は目茶苦茶にせよスキャンダルを否定する教祖を遠巻きに見とった。

しかし、原発事故と前後してスキャンダル発覚。

原発事故にしても安全じゃ言うて信者を避難させずに被曝させ、K子と醜い離婚劇の末、若い愛人と再婚。

単なるエロ目的の愛人問題がてんこ盛り。

子供がおらんならしゃ~ないとも思うんじゃけど、K子に5人も産ませときながら好きじゃなかったとか言うとる。

ともあれ、教祖の死去と同時に糾弾本を出して戦うぞ。

本人は2037年まで生きるとか言うてますが、それが20年近く前倒しで亡くなれば、それで気づく盲信者もそれなりに出よう。

ここに影響を受けた人の多くに、整合性のつく形で心の整理をしてもらい、この時代の救世運動の失敗の顛末を語り継ぐ必要があります。

教祖も原発事故の時関東で被曝しており、心臓に持病もあることじゃけえ、それもうちらには幸いするじゃろう。

被曝の潜伏期は5年、その間私は対外活動を縮小して研究メインにしとったんじゃけど、なぜかその節目の5年目でブログのヒット数が急に増えてきた。

予想外じゃったのは、n崎がセシウムカルトになって襲ってきたこと。

独自の福島原発安全理論を掲げて放射線測定をアップし、当初は目を引き注目されたんじゃけど、さすがに病気増加で嘘もバレてネタもないけえ、ブログヒット数も私が逆転した。

まだしばらく細々とやるつもりじゃったが、なんか盛り上がってきた。

5年後発病を言い続けたことと、実際の病気増加で共感した人が集まってきたんかのう?

そんなら天の助けじゃ。

セシウムカルトn崎のことは、いずれやつ自身が病気になって死ねば消えるけえ、本来の戦いに備えよか