六崎太朗の0ヘルツ波動

波動強化人間としての波動パワーを駆使したあれこれ、健康や農業などいろいろ応用可能です。

福島第1原発で事故対応、白血病で労災認定訴訟。セシウムカルトn崎と、その教祖御用学者K池誠の言う健康被害0は、やはり嘘っぱち。

東京電力福島第1原発の事故対応などに従事した後、白血病を発症して労災認定を受けた北九州市の元作業員の男性(42)が昨日、東電と九州電力に計約5900万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。

原告側弁護士によると、原発事故の対応に携わり、労災認定を受けた元作業員が提訴したのは初めて。

訴状によると、男性は2011年10月~13年12月、2次下請けの作業員として福島第1、第2原発や九電玄海原発で溶接などを担当。

累積被ばく線量は約19・8ミリシーベルトに上った。

このうち福島第1原発では、4号機燃料プール周辺でのカバー設置作業などに当たり、被ばく線量は約15・7ミリシーベルトだったという。

体調不良から医療機関を受診し、14年1月に急性骨髄性白血病と診断され入院。

死への恐怖からうつ病の診断も受けた。

昨年10月に白血病で、今年5月にうつ病でも労災認定された。

男性側は、発症は高線量の被ばくが原因だとした上で、「東電や九電は安全対策を怠り、無用で過大な被ばくをさせた」と主張している。

東京電力九州電力は「訴状が送達され次第、適切に対処する」などとコメントした。

御用学者K池誠と、その手下n崎はセシウムカルトを形成し、福島原発での健康被害はないいう理論を展開。

健康被害が労災認定されとることからして、セシウムカルトの主張は論理破綻。

危険を安全と言い、人心を惑わすセシウムカルト許すまじ!

ネットでフルボッコのn崎はさらにタタキましょう。

安全な原発はありません。

こういうセシウムカルトこそ、廃炉作業して早う死ぬべきじゃ。