六崎太朗の0ヘルツ波動

波動強化人間としての波動パワーを駆使したあれこれ、健康や農業などいろいろ応用可能です。

カルト教団Kの糾弾本、伏字修正のチェックしました。9月の出版に向けて準備しております。アンチの方々お楽しみに。盲信者にも読んでもらいたいんじゃけど、それはそんなに期待しない。

暑くなりましたね。

農作業も夕方ぐらいしかできません。

無理してやると体壊します。

さて、9月にアマゾンのキンドルから出版予定のカルト教団Kの糾弾本『正法としてのK邪教としてのK』なんじゃけど、遅番の日に一章づつ伏字修正作業をしました。

昨日は、その全体のチェックをしました。

やはり、チェックは何回もやるべきですね。

チェック漏れが少しありました。

同じ9月に、『善悪二元論経』も併せて出します。

これで、私のカルト教団Kに関してのひとまずの区切りができますが、機会があれば第2弾第3弾も出したいと思います。

私が言いたいのは、宗教には正邪があるんで、全部は否定できんいうことと、正しかったもんも、教祖次第でおかしくなるいうことなんよ。

この新作を読んで、共感されました方は是非ご連絡下さい。

横の正法ネットワークを作って、情報交換をしたいと思います。

もはや、しばらくは救世運動はありません。

個々人が、修行する以外にありません。

救世運動の壊滅は、誠に残念ではありますが、それが事実ならそのように考え、動くべきです。

カルト教団Kの言うように、裏側は悪でもレプタリアンでもありません。

正法以外に霊的修行をする人達です。

私も裏側ですが、この世は裏側と地獄が混在する世界です。

それを表側の話せばわかるで解決しよういうことに、無理があります。

表側の理論で問題が解決しない場合、裏側の力が役立ちます。

この世が裏側と地獄いうことからすれば、一般の人は裏側の価値観をも身につけにゃやれんのよ。

そこらへん、教団の洗脳は強力じゃけえ、注意して下さい。

自分を救うのは、自分が修行して得た能力です。

宗教が救うてくれるわけじゃありません。

私の著書で、そこらへん述べております。

ともあれ、参考にして下さい。