六崎太朗の0ヘルツ波動

波動強化人間としての波動パワーを駆使したあれこれ、健康や農業などいろいろ応用可能です。

カイアポのうね作り、今年は終了。ツルハシの登場で、作業効率が上がった。今年のデータに基づき、来年の耕作予定を考える。来月からは、作業パターンが変わります。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

カイアポのうね作り並びに弱ったサツマイモの埋葬うね作り、今年は終了になりました。

お疲れ様でした。

新居への引っ越しや職場の異動などがあり、サツマイモの作付けに支障がないか危ぶまれたんじゃけど、予定以上の進捗を見せて大満足。

これも、ツルハシの登場による作業効率向上が大きいと言える。

最初はツルハシの重さでヒーヒー言うとったんじゃけど、慣れてくればこっちのもの。

新居を建てる前に、そこにおった昔の住民の持っとったツルハシを、そのまま継承して大正解。

ガードレールわき、川のわきの斜面下、溜池のわきの三ヶ所です。

弱った種イモ用の場所は、溜池のわきと海岸です。

ツルハシによるドカタ作業は、最終的には出勤前にも及び、相当広がりました。

カイアポもうねに合わせて苗を増やしまくり、ちょうどええぐらいになったんじゃないんかねぇ。

来年は、今年のうねをそのまま継承できます。

今年のデータを参考に、来年以降の耕作予定を考えることにします。

来月からは、うね作りがほぼ不可能になるじゃろうね。

先日暑い時にツルハシ使うたら、体力の消耗がひどかった。

暑い時にやったら、命にかかわるのう。

来月は、水やりとか置き石をメインにします。

網干メロンの立ち上がりが悪いんじゃけど、今年はあんまりとれんかも。

今年は新たな環境での作付け最初の年、失敗もそらあるわな。

今年の不備は、来年からの貴重なデータになります。