六崎太朗の0ヘルツ波動

波動強化人間としての波動パワーを駆使したあれこれ、健康や農業などいろいろ応用可能です。

銀杏を少しゲット、本格的な収穫の前に脳の修復のために食べました。

いつも公園で調達しとる銀杏、しかしまだ落果は少ない。

f:id:taro6zaki:20210920003152j:plain

 

大量に落果して、それを子供が遊ぶうちに踏んづけて皮がむける。

 

それが雨に洗われて、労せずして処理済みの銀杏が得られる。

 

それはまだ先になるんじゃけど、早めにゲットできた場所があった。

 

街路樹で、通行する自転車で皮がむけたもの。

 

踏み潰されるものも少なくないんじゃけど、きれいに皮が取れとるもんもある。

 

ほっとくと自転車で踏み潰されるんで、それらを回収。

f:id:taro6zaki:20210920003211j:plain

 

早速食べてみた。

 

実りの秋が間近になってきとるんよね。

ユーチューブではいかに印象に残すかであり、難しい内容を力入れてやるべきではない。

開設以来、長らく動かんかったユーチューブの農業の動画の登録者数が伸びてきた。

 

始めた時期は、ライブラリー化を考えて難しい内容をと思うとったんじゃけど、そんなんではまず観てもらえない。

 

観てもらえるような作りにせにゃ、まず観てさえもらえない。

 

観てもらえたとして、一度観た動画ってよほどのことがない限り二度以上観られることはまずない。

 

単に聴き流しのような感じで観られて終わりなんで、動画の一つ一つはほぼ他の動画のCMなんよね。

 

じゃけえ、CMを作る感覚でやらにゃまずダメなんよ。

 

ユーチューブを観る人は、そんなにいろいろ考えとらんのよ。

 

必要な情報を得たいだけで、それが済めばあとは要らんのよ。

 

目につくもので面白いと思わされて、そこでファンになるかならんかなんよ。

 

そのファン作りに根ざしたもんをラインナップしておいて、動画間の連携を図ることが大事なんよね。

 

そこそこのクオリティで続けて、さりとてそれほどヘビーでもなく、サクサク観られるような軽さも必要なんよね。

 

クソ真面目にやる必要もなく、それでファンがつけばそれでええんじゃけど、つかんのならちょっと軽いノリに変えたらええんよ。

 

最終目的はファン作りいうことを、まずは念頭に置くことなんよね。

 

たけした君のチャンネルお金をかけて作ってはおるものの、しかし是非とも観たい面白さがあるかいうとあんまりないんよね。

 

彼の生きる姿勢がええいうファンしか定着せんわのう。

 

それが、長い期間やっとっての登録者の数に反映されとるんよね。

 

お金をかければ、上げられるクオリティはある。

 

しかし、お金をかけても上がらないクオリティもある。

 

当面の目標は、彼の登録者を追い抜くことじゃ。

f:id:taro6zaki:20190812102237j:plain

 

カイアポが伸びて、水面に達した。ここは、土の生育条件がいい。

9月のカイアポ畑の様子で、溜池のとこになります。

 

つるが伸びて、水面に達しております。

f:id:taro6zaki:20210918003657j:plain

 

水面からも、根っこを生やして栄養吸引です。

 

ここはぬかるみバージョンと違い、土の条件はええんよね。

 

連作7年目であり、ミネラルの配分がええんよね。

 

連作不可能のカイアポが毎年とれる技術、来月終わりぐらいから収穫し始めましょう。

野生の大豆、ツルマメの活用方法を考え始めた。ヤブツルアズキほどの特徴は、はたしてどうか?

セイタカアワダチソウコセンダングサが生い茂るとこをどけて、そこにツルマメを侵入させたとこがある。

f:id:taro6zaki:20210917002404j:plain

youtu.be

外来種を在来種で置き換えたとこなんじゃけど、同じようにヤブツルアズキで置き換えたとこもある。

 

違いとしては、土壌の水分の量なんよ。

 

ヤブツルアズキは水分不足がテキメンに出るんで、乾燥するとすぐ枯れる。

 

しかし、ツルマメはそこまで弱くない。

 

それで、ドライな土地にはツルマメを侵入させたんよ。

 

ヤブツルアズキは、お汁粉にした時には栽培種を凌ぐほどの美味さがあった。

 

しかし、ツルマメの活用方法はイマイチパッとせんのよ。

 

栄養面でも、栽培種の大豆の方がイソフラボンは多い。

 

ヤブツルアズキほどの美味さがあるかいうと、わからんねぇ。

 

ともあれ、大豆料理を参考に考えてみると何かあるかもしれん。

 

豆腐とかは手間がかかりそうよね。

 

収穫期には集めとこうか。

来年の暦が出たんで、買うてきました。来年は五黄中宮の年、五黄の腐食力が凶運をどう処理するのか?

来年の暦が出たんで、さっそく買うてきました。

f:id:taro6zaki:20210915235716j:plain

 

来年は五黄中宮の年で、本命星が五黄の私は中宮で八方塞がりヤバス。

 

しかししかしだがしか〜し、波動の技で細工をしました。

 

それが五黄土星の腐食力をコントロールして、凶運をもたらすもんだけを腐食させるようにしました。

 

本命五黄の位置も五黄でダブル五黄になる来年、悪いもんを腐らせまくってどうなるかの実験にもなりますね。

 

基本の運気は暦で見ながら、その五黄の腐食力がどんな形で守ってくれるかを観察できると思うんよね。

 

中宮での八方塞がりは、五黄の持つ腐食力が自分をも腐食させることが原因なんよ。

 

運気最強ながら、最強の腐食力を持つがゆえに五黄土星は伸るか反るかの両極端。

 

勝ち組と負け組の落差が激しい。

 

自分を腐らせるもんが無ければ、最強運気でどうなるか?

 

運気の変化する時期でもあり、ダメじゃったもんが良くなり、良かったもんがダメになる時期でもある。

 

この良かったもんがダメになるいうのは土星の場所の特徴なんじゃけど、それにしても五黄の腐食力が関係しとるんじゃないんかねぇ。

 

ともあれ、運気の変化が通常の五黄中宮とどう変わるのか、来年が楽しみなんよ。

カイアポ畑、ぬかるみバージョンは葉っぱが黄色いとこが目立つ。

カイアポ畑のぬかるみバージョン、9月に入っても土に水分が多い状態が続いております。

 

水やりの必要性はほとんどなくて、それはそれで助かったは助かった。

 

しかし、ちょっと葉っぱの黄色いとこが目立つんよね。

f:id:taro6zaki:20210915004107j:plain

 

今月は、まあそれほどやることもない。

 

来月の後半から、また冬越し用のつるを準備します。

 

草も生えてはおるんじゃけど、それほど大きくもない。

 

長雨の前に抜いておいてよかった。

 

これで、もう雨はあんまり要らんのう。

クサガメに食べさせるために取ってきたジャンボタニシ、透けて見える卵巣がヤバい。

クサガメを拾うてきて、動画を撮るのにちょっと留め置いております。

f:id:taro6zaki:20210903004612j:plain

 

用が済めば逃がします。

 

それはそうと、好物のジャンボタニシを取ってきました。

 

しかしそのデカいやつ、これおわかりでしょうか?

f:id:taro6zaki:20210914001459j:plain

 

赤い卵が、殻の外から透けて見えるんよ。

 

このジャンボタニシの赤い卵は、神経毒があるんでヒアリしか食わんのよ。

 

合鴨に食わせとるとこもあるんじゃけど、それってどうなんかねぇ?

 

鴨に抵抗力があるんならそれは大丈夫なんじゃろうけど、まあ大丈夫なんかな。

 

念のため、亀には卵をとってからあげております。

 

とにかくジャンボタニシ大好きで、すごい食いつきです。

 

亀を飼っとる人は、ジャンボタニシを餌にすれば餌代をかなり節約できますよ。

 

しかし、ジャンボタニシはヤバいよね。

 

亀の餌にしても、それ以上増えそうです。