六崎太朗の0ヘルツ波動

波動強化人間としての波動パワーを駆使したあれこれ、健康や農業などいろいろ応用可能です。

ヨモギとセイタカアワダチソウ共存地帯、手を加えることで徐々にヨモギが優勢になっていく。

ヨモギセイタカアワダチソウ共存地帯、いつもの作業の継続で、徐々にヨモギが優先になりつつあります。

 

ヨモギを収穫し始めたことで、モサモサになっとったとこがだいぶスッキリしました。

f:id:taro6zaki:20210409002121j:plain

 

あとセイタカアワダチソウが、だいぶ減りましたね。

 

セイタカアワダチソウの使い道は、セイタカ灰の確保とエレハラ用の賢者の石の製造にあります。

 

エレクトロニックハラスメント、略してエレハラ。

 

このエレハラの症状改善に、賢者の石を使うてもろうてそれなりに効果があるはあるようです。

 

そこで小さいサイズのもんを大量に作っておりますが、21回セイタカアワダチソウの炎で焼くのと毒汁に漬け込むことをくり返しております。

f:id:taro6zaki:20210402001006j:plain

 

これがなかなかホネであり、第二陣が16回焼けました。

 

毒汁を搾る意味でツブシにかけており、そのために今の時期のみずみずしいセイタカがかなり貢献しております。

f:id:taro6zaki:20210223002547j:plain

 

この時期のセイタカは水分が多く、乾燥させるのに相当かかります。

 

逆にツブシにかけてぐしゃぐしゃになれば、ソッコーで乾燥します。

 

前の日のセイタカを、翌日には燃やせるわけです。

 

まあそれだけでなく、立ち枯れたセイタカも取ってきますけどね。

 

ヨモギは上半分がハサミでちょん切られ、セイタカは根こそぎ抜かれていく。

 

時間が経つにつれてヨモギの残存部は成長し、成長の早いセイタカから抜かれてなくなっていく。

 

残存するセイタカは、日に日に伸びるは伸びるんじゃけど数自体は減っていく。

 

ヨモギは柔らかいとこは切り取られるものの、雨が降るとその分取り返そうと思うてまた伸びる。

 

ヨモギの地下茎は減らないんじゃけど、セイタカの地下茎は引き抜かれるたびに減っていく。

 

そういうことで、そのフィールドは常時草ぼうぼうにはならず、ヨモギがそれなりの量だけ生えてコントロールされることになる。

 

同じく消費されるセイタカとヨモギなんじゃけど、いずれ完全にヨモギ畑に変わっていく。

 

ヨモギ自体も適度に剪定されることによって剪定反発力により強くなり、また柔らかく新鮮なもんを供給してくれる。

 

冬になってそのヨモギが立ち枯れたら、その固くなったもんは燃やして灰にして、それはそれでまた別の循環を作っていく。

 

必要なもんをこういう感じで供給するように管理されれば、それはそれでええ感じよね。

 

そのヨモギも、カイアポやトウネズミモチと一緒に売り物になる。

f:id:taro6zaki:20210225004037j:plain

f:id:taro6zaki:20210304003735j:plain

 

セイタカに関しては、カイアポに化けて売り物になる。

 

賢者の石は売り物じゃないけどね。

 

ヨモギの灰は雑灰になり、これも豆や網干メロンやオクラに化ける。

 

こっちは自己消費よね。

 

ともあれ、いろんなもんを生み出す草の文化、ありがたいもんです。

不動産屋さんとスーパーで再会、トウネズミモチやポポーの進展を話して、土地をまた相談しました。

スーパーで買い物しとったら、不動産のMさんおってやないですか。

 

年末に、家屋敷を買う時お世話になりました。

f:id:taro6zaki:20201124002059j:plain

 

その後、あの物件どうです?とか言われたんよね。

 

いや〜あれからええもん出てきまして、おかげさまでこれから楽しみですと答えました。

 

トウネズミモチ玉椿を獲得して、それが巣窟になっとることを説明しました。

f:id:taro6zaki:20210304003735j:plain

 

このMさん、ちょっと気になる話をしてくれたんで、今後も何かあればとは思うとったんよね。

 

その話とは、土地を持て余しとる人のことなんよ。

 

市内でHいうとこに土地を持っとる人がおって、そこのメンテナンスを毎年依頼されとるいう話。

 

ここがほっとくと草ぼうぼうで荒れてしまい、持ち主も毎年かかる経費で困っとるいう話。

 

もろうてくれる人おったら、タダであげたいとかいうことらしい。

 

むむむ、農地として使えたら使いたいんよね。

 

しかし、自宅からは遠い。

 

年末買うたとこには、ポポーも植えたことも言うたんよ。

f:id:taro6zaki:20210202000646j:plain

 

例えばこんな土地、ポポーなんかも実るのに数年かかるんじゃけど、今のうちに植えられるんなら植えといてとか思うてしまうんよね。

 

まあね、固定資産税とかの問題とかもあるしね。

 

そんなこんな考えると、今すぐソッコーでどうなるもんでもない。

 

しかし、その手の土地のことがわりと近くでどうにかなるようなら、あるいはとも思うたりしとる。

 

場合によっては、そのトウネズミモチ玉椿やポポーやカイアポなんかで売れてきたら、もう土地いう土地をかき集めてとかいうことにもなるのかも。

f:id:taro6zaki:20210416001831j:plain

f:id:taro6zaki:20210317001332j:plain

f:id:taro6zaki:20210317001310j:plain

 

そしたら、Mさんなんかも不動産とかにおるよりは、その土地の情報使うて何かやった方が儲かるかもしれん。

 

生まれ歳聞いたら、二黒土星なんで五黄の私とはビジネスの相性はええんよね。

 

年末のあのタイミングでええ物件と、その背後にトウネズミモチが資源として手に入った。

 

二黒の彼がある意味運んで来てくれたと見ると、なるほどと思わされる。

 

星は五黄の私の方が強いものの、二黒の人のセンスはお互いええ結果をもたらす。

 

数年後、彼が不動産屋じゃないことを願っておこうか。

 

今すぐどうこう言えないまでも、何か始まる可能性がある感じがする。

 

網干メロンとオクラが発芽、ナメクジ食害を避けるために温室管理。

網干メロンとオクラが、温室で発芽しました。

f:id:taro6zaki:20210419001339j:plain

 

小さいうちは、ナメクジやカタツムリの格好のエサになってしまいますので、温室で管理します。

 

いつもであれば5月末か6月ぐらいに仕込むところですが、温室での毎日の管理によって、早めにできました。

 

一昨年や去年は、カイアポ増産により網干メロンを失敗させてしまいました。

 

幸いオクラはそれなりにできたんですが、それもちょっとイマイチ。

 

退職したことで、その管理に集中できるようにもなったんで、今年は美味しい網干メロンをたくさん作りたいです。

 

今年の動きが、来年以降の農業の動きの雛形になることと思います。

 

露地にいつ出すかが問題になってくるんじゃけど、食害されないほど固くなるまで育ってからなんよね。

 

しばらくは、まだ温室管理になるんよね。

雨の前に、カイアポを畑に植え付け。温室での苗の成長は、思ったよりも随分早かった。

先日は、雨が降り出す前にカイアポを畑に植え付けしました。

f:id:taro6zaki:20210416001831j:plain

 

毎年やっとる斜面下の細長い土地なんじゃけど、毎年やっとることで耕やす必要はなく、そこに草をどけながらカイアポを植え付けしていきました。

f:id:taro6zaki:20210416001849j:plain

 

温室での苗の成長が、思ったより早くてだいぶ大量に植え付けできました。

f:id:taro6zaki:20210327000619j:plain

f:id:taro6zaki:20210327000633j:plain

 

計画しとるうちの、半分以上がオワタ。

 

やっとること自体は地味なことで、ただそれが多かったいうことです。

 

この時期に植え付けすることで、土地が暑さで乾燥する時期には植物体が地表を覆い水やりの度合いが少なくて済むことになりそうなんよ。

 

この時期の大量植え付けはこれまでになかったことであり、そのことで壮大な実験になることになります。

 

草の成長もイモの日陰になることによって抑えられ、それも含めてこれまでとは収穫量も増えるんじゃないかと思います。

さくらんぼのようなんよ、拾うた木。

先月、植木鉢から外されて捨てられとった木を拾うた。

 

かわいそうに思い、持ち帰って植木鉢に植えた。

 

ちょうど合う大きさの鉢があり、そこに植えることができた。

f:id:taro6zaki:20210417002541j:plain

 

そこから芽が出てきて、それなりに育ってきた。

 

そこになんと、実がついとるではないか。

f:id:taro6zaki:20210417002558j:plain

 

それで、この木がさくらんぼであることがわかった。

 

品種はなんじゃろか?

 

さすがにそこまではわからんね。

 

さて、どこに植えるのか今のところ思案中。

 

おそらく葉っぱはたくさん出るじゃろうし、毛虫もたくさん出ると思う。

 

それで、どこにしたものか悩んどるんよ。

 

これ、どうしたもんかね?

 

売るとか言うてもイマイチわからんし、まあおやつとして食べとくしかなかろうね。

 

ともあれ、それなりに育てます。

カイアポの畑への植え付け開始で、今年も本格始動。

最低気温が5度ぐらいになるのも、もうないじゃろういうことでカイアポを畑に植え始めました。

f:id:taro6zaki:20210416001831j:plain

f:id:taro6zaki:20210416001849j:plain

 

植え付け可能になって、すぐに大量に植え付けしたのは初めてじゃないんかねぇ。

 

これで、早い時期に大量に増やせるんよね。

 

例年よりも早めに大量に増やし、それによって秋には大量のイモができるようにしたいんよね。

 

今回こそは、冬越しも成功させます。

 

畑は、去年まで使うとったとこでは草をむしるだけで使用可能です。

 

メンテナンスが楽ですね。

 

今年も、カイアポの熱い戦いが始まります。

トウネズミモチが伐採されとったんで、確保して活用します。

こちらの廃墟に新たなオーナーが来たようで、そこに生えとったトウネズミモチが伐採されてもうた。

f:id:taro6zaki:20210102235334j:plain

 

乾燥してしまうと葉っぱはバラバラに落ちてしまいよるけえ、そうなる前に確保してきた。

f:id:taro6zaki:20210415000428j:plain

 

きれいな葉っぱは売り物にして、そうでもないもんは自宅で消費します。

 

木の部分は薪にして、炭か灰にして活用します。

 

そのままにすれば、ただのゴミ。

 

ゴミになる前に、然るべき活用をします。

 

まあ人様の土地に生えとったもんじゃけえ、切るなとは言えんのよ。

 

どうせなら活用した方が、資源の有効利用になるんよね。

 

いずれにせよ、早めに処理しましょう。