六崎太朗の0ヘルツ波動

波動強化人間としての波動パワーを駆使したあれこれ、健康や農業などいろいろ応用可能です。

ベトナム語やるにあたり、右脳優位でやったろかい。

多言語をやるようになってから、だいぶ世界はかわったんよね。

 

ロシア語から始めて東京で20ぐらい、結局30ぐらいの外国語をやることに。

 

考えなくてもしゃべれるように、当たり前に出てくるぐらいまで書き殴って覚えた。

 

しかしそんな中、問題が発生してきた。

 

物忘れが多くなり、人の名前が出て来んようになった。

 

なんか、認知症っぽくなったんよね。

 

6年ぐらい前が、一番ひどかったかのう。

 

結局、左脳ばかり使うようになって使い方が偏ってしまい、脳が劣化してしもうたんよね。

 

それから右脳を使うことを心がけ、動画編集とかビジュアル系のことをやってリハビリしたら、だいぶ機能回復してきた。

 

それで最近また外国語が必要になり、今度はベトナム語なんよね。

 

周囲見渡すとベトナム人が増え、結構おるんよね。

 

それでまた勉強を始めることにしたものの、また左脳偏重になると認知症っぽくなる危険性がある。

 

そこで、右脳優位で覚えることをやり始めた。

 

書き殴りではなく音読をくり返すことで、視覚聴覚をメインにすることに。

 

これなら、両手が塞っとる時でも大丈夫じゃ。

 

網干での木ゴミの焼き払いの時とかでも、上手く時間を活用しながらやれそうなんよ。

デカい木ゴミの片付けで実感する、精神の乱れの有無。

網干の作業用古民家の隣、廃業した知人の経営しとったボーリング場と元自宅。

 

現在解体作業が続いとって、先日はその業者にお願いして木ゴミを門の外までトラックで運んでもろうた。

 

トラックが大きくて、門の中に入れんのよ。

 

それで、山積した木ゴミを敷地内に運び込むことに。

 

いやはや、それで3時間ぐらいかかったかのう。

 

それでとりあえず全部入れたんじゃけど、しかしその作業の中で思うところがあった。

 

早く片付けようとすると進まず、一定のペースを守り無理をせんようにしながらやると、苦にならずできたんよね。

 

結果的に手のひらにマメを作ってもうたんじゃけど、鋤でガサガサやって無理にやった時にできたようなんよ。

 

作業は、心の乱れに正直なんよね。

 

イライラしたり、それで焦って無理したりすると、その乱れがテキメンに表れて消耗したりダメージになる。

 

重労働、長時間労働、そこで心の平静を保ちながらやることの大切さ。

 

ハードになるほど、いろいろ荒れる。

 

しかし、荒らさずにやることは難しい。

 

そこにこそ、修行の余地があるんよね。

邪魔外しのベルター、重ねることでええ感じで効きます。神社仏閣の九字打ちの邪魔は、かなりのもの。

神社仏閣の九字打ち、なんか後から後から出て来よる。

 

先日はベルターにて防御したものの完全にはできず、また違う問題が発生した。

 

それはベルターの力を超える悪霊がおった時、それらが不完全ながら邪魔するんよね。

 

そこで考えたのが、ベルターを重ねることなんよ。

 

つまり、同じことを2回とか3回とかやることなんよね。

 

ベルターの力を超える悪霊がおったとして、1回ベルターがかかることでかなり鈍る。

 

しかし2回目のでさらに封じられ、だいたい動けんようになる。

 

先日また九字打ちしたんじゃけど、邪魔がベルター2回で完全に飛んだね。

 

ペケポンでやる方法でもええし、ベルターでやっても完全にできるならええわのう。

 

ほとんどの神社仏閣に、神様はおりません。

 

なりすましで、神様のつもりをしとる悪霊ばかりです。

 

そこにおれんようにするために、波動で九字打ちしとるんよ。

 

なんだかねぇ。

 

まあ必死なんよね。

 

ともあれ、少しでも浄化しましょう。

網干で、ちょっとした産廃業者になりました。神戸の会社とつながり、木ゴミを引き受けることに。

網干の古民家の隣の敷地では、知人のボーリング場の解体工事が進んでおります。

 

そこにあった木ゴミのことで、解体業者と話をしました。

 

2件の業者とも神戸にあり、遠くまで通うとるんよね。

 

そのうち片方が、引き受けてくれるなら持ってくるぞとのこと。

 

おおお、木ゴミゲットかぁ?

 

問題は、その量なんよね。

 

トラック一台分で、引き取ってくれたら一万円もらえることに。

 

お〜し、どんと来い!

 

それで、隣の解体現場で出た木ゴミを運んでもろうた。

 

それが片付き次第、順次持ち込んでもらうことにした。

 

木を灰にするには、かなりの時間がかかる。

 

しかし、私には秘密兵器がある。

 

コンクリートを練るための鉄の容器があって、それに積んで焼けばわりと短時間で焼けるんよ。

 

わりと高めに積んで焼けば、効率もええんよ。

 

結局、空気との接触面が大きければええんよね。

 

これで木ゴミを焼きながら動画編集とかをやっとけば、時間の有効活用にもなる。

 

暑い時期はなるべく避けたいものの、火から離れておれば問題ないか。

 

業者としては安く引き取ってもらえて、私は木ゴミから木灰を作れると。

 

そうなると、いずれ木灰が余剰になることになるかな。

 

まあたくさん余るようなら、たけした君とか前やんとかにあげればええか。

 

草灰に比べて、木灰はグレードが上。

 

それが大量に手に入るとなれば、また作付け方針で可能性が広がるのう。

ベルターの邪魔外しの限界、強いやつは防ぎきれない。

先日の山陽電車での夜の神社仏閣の九字打ちの日を振り返ってみると、ベルターをかけて大幅に邪魔は減ったもののそれでもハプニングが続いたことを考えると、完全に防ぎきったとは言えんのよ。

 

結局、大抵のもんはそれで止められるものの、ベルターの魔力で完全には動きが止められんのもおるいうことなんよね。

 

一応かかるんで、そういうやつもフルパワーにはならん。

 

ベルターで動きを鈍くされた状況で邪魔するんで、弱いながら邪魔は続くんよね。

 

どうじゃろか、全体の邪魔のうち2割ぐらい残るかんじかのう。

 

そこいくと、ペケポンで閉じ込めた方が確実じゃ。

 

ただペケポンやるには、紙とかペンとかが必要なんよね。

 

そこいくと、何も持たずにできるベルターは便利なんじゃけど、ちょっと限界があると。

 

まあまあそんなこんなで、ちょっと対策考えようか。

阿羅漢に到達していないカルト教団K教祖長男を、指標にすべきではない。教団批判は、法に基づくべき。

カルト教団Kの糾弾に対して、教祖長男の言う論法そのままはダメなんよね。

 

教団や教祖がおかしいのはその通りなんじゃけど、教祖長男の活用できる部分は、あくまでも時系列で起きた事実の列挙のみであり、彼の判断や思考は完全じゃないんよね。

 

何より彼は阿羅漢でもなく単なる俗物なんで、その辺のヤンキーで悪人じゃないような程度の人なんよ。

 

教団で詰め込まれた法の知識があるんで、一見阿羅漢に達しておりそうで信念もありそうに見えるだけなんよ。

 

しかし達しとる者とそうでない者の差は、一目瞭然なんよ。

 

私的な話題が、とにかく俗。

 

ていうか、修行者じゃないんよ。

 

精神的な高みを目指しとるんなら、相応の内容がある。

 

しかし、動画を見ると目先のこと小手先のことだけで、中身がまるでない。

 

自身のトラブルも、イカレた本人の好みによるものばかり。

 

ほんまバカよね。

 

教祖教団に対しての攻撃も、私怨によるものだけ。

 

法の観点も公益性もない。

 

それで功を奏したのがコンニャクなんじゃけど、一端の修行者ならまず言わんね。

 

彼の判断をそのまま採用しても、ろくなことにはならんのよ。

 

子供に、ああなりんさいって言えるかいう話。

 

もはや厄病神でしかない。

 

今後もマトモじゃない人と多く関わって、時たま関わるマトモな人も被害を受けるじゃろう。

 

もはや役目はオワタ。

 

暴露ネタも尽きたし、中身もない。

 

真面目にやらんのなら、またろくでもないことが続いて破滅するじゃろう。

 

教祖教団は、阿羅漢に達した人が法に基づいて善悪をキッチリ整合性つけて批判すべきなんよ。

 

教祖教団を批判する者、全てが正しいわけじゃないんよね。

 

久々に拾うた、山陽電車の1dayチケット。明石からの神社仏閣の九字打ち、藤江まで完了。

先日はなぜか邪魔が入りまくり、ベルターかけて封じた。

 

そしたらスムーズにいくようになったものの、今度はハプニングが連発して休んどる暇がなくなった。

 

それはええとして、久々に山陽電車の1dayチケットを的形で拾うてもうた。

 

さらに、飾磨でもう一枚1dayチケットゲット。



てか一枚あれば全然用は足りるんで、あんまり意味はないんじゃけどね。

 

ともあれこれは、九字打ちせえいう天の声じゃ。

 

つうことで、早速林崎松江海岸まで行って藤江方向まで九字打ち。

 

久々に、特急でひた走る長距離。

 

クタクタじゃったけえ、その一駅区間の九字打ちのみ。

 

それにしても、長距離の転換クロスシートは仕事が捗るんよね。

 

なるほど、朝からひどかった邪魔は九字打ちのもんじゃったんね。

 

これで明石から藤江までは九字打ち完了、姫路側からは浜の宮と別府の間ぐらいまで完了。

 

いやはや、チケットゲットは突然ある。

 

さすがにそれは予測できん。

 

今後も、無理のないところでやっていこうか。