六崎太朗の0ヘルツ波動

波動強化人間としての波動パワーを駆使したあれこれ、健康や農業などいろいろ応用可能です。

女貞子の外来種は収穫終了と、在来種の収穫開始。これももう、収穫時期はわずかしかない。

女貞子の外来種トウネズミモチの収穫が終わったんよね。

 

もうだいぶ自然落果してしもうて、収穫したくてももう無理です。

 

それで、在来種のネズミモチを収穫し始めたもののこちらも時間の問題で、やはり自然落果したもんがちらほら出てきた。

 

こちらはもうおまけみたいなもんで、外来種よりも収穫効率はかなり悪いんよ。

 

結局外来種の方がかなり実が多くて、繁殖力も大きいんで、そっちを拡散防止の意味でなるべく確保して消費した方がええんよね。

 

増えてまずいのは外来種であり、在来種は採取してもしなくても環境に影響はないんよね。

 

そういう意味でも、在来種女貞子の採取はおまけ程度。

 

時間的にも量的にも少ない在来種は、味見とか発芽とかでデータ取りです。

 

時間がもう残り少ないけえ、急いで頑張って収穫します。

コンクリートから生える木で、在来種の女貞子ネズミモチがあった。

先日、コンクリート舗装された川の護岸で、在来種の女貞子ネズミモチを見つけました。

 

この場所では、最初はコンクリートに木が生えとること自体に驚いたんよね。

 

しかしそれらの多くは、生命力が強靭なもの。

 

特に、外来種が多かったんよね。

 

女貞子でも外来種トウネズミモチとか、キョウチクトウとか、在来種では野薔薇とかをよく見かけたんよね。

 

しかし、今回は在来種でも女貞子ネズミモチがあったことなんよね。

youtu.be

 

トウネズミモチの方は、その生命力の強さが成長する早さとかで実感しとったものの、在来種のネズミモチも似たような強さがあるいうことなんよね。

 

さすがにトウネズミモチには及ばないものの、さりとて同じようにコンクリートに生えとる姿を目の当たりにしたことで、改めてその強さを知った感じなんよね。

 

今後はこの在来種女貞子の活用も、併せて考えていこうと思います。

剪定用のハサミを修理しました。薪の炎で、変形させてのことです。

ハサミは農作業の剪定で使うことが多くて、廃品回収の時にもらうことが多いんよね。

 

あればあっただけ助かるんで、折れても壊れてもええようにもらえる時にはもろうとくんよね。

 

しかしそうしたハサミ、疲労骨折のような感じで力が集中しとる部分がピキッと割れた。

 

そのままじゃ使えんけえ、直すことに。

 

薪ストーブの薪の炎で溶接して、とりあえずやってみました。

 

同じ形でやろうとしとったものの、しかしポロポロ取れて方針変更。

www.youtube.com

変形させてくっつけて、ようやく安定した。

 

本体の方に火をつけて、破片の方の接着面を溶かしてペタッと。

 

それでこういう形にしたことで、かえって握った時の力が分散してよかったかなと。

 

やはり接合面を両方溶かすと、ガッチリ固まって強いですね。

 

とりあえずこれでまた、しばらく使えるんよね。

 

道具は大事なんで、直せるもんは直して使います。

近所にあったニワトリ小屋、動画製作にあたり、かなり助かる。

先日、近所でニワトリ小屋を発見した。

 

養鶏場まで出向いたのに、追い返された。

 

しかし、以前おった職場の近くの山にニワトリがおったことを思い出して、撮影にいったんよね。

 

ただ、撮影できたのは一羽だけ。

 

女貞子の実の収穫の途中で、ニワトリの声がしたんよね。

 

おおお、複数のニワトリがおるじゃないか。



これはありがたいのう。

 

ここで撮れたもんをYouTubeの動画を作成したら、これまでのニワトリの動画よりもクオリティが高いんよね。

 

使おうと思うた時に、その映像がないとどうもならんのよ。

 

昔なら学校行きゃ当たり前におったニワトリも、最近ではとんと見かけんのよ。

 

ブタもそうなんよね。

 

ブタはホームセンターにミニブタがおったけえ、それは助かった。

 

しかし、今回ニワトリがおる場所があったことで、また1つ映像の提供の場所が確保できた。

 

他にも、動物の映像が撮れるような場所が確保できればええんよね。

カルト教団Kの教祖長男、街頭演説を始めて教団の広報まで駆けつける。

カルト教団K教祖長男が、街頭演説を始めて何日か経った。

 

その破壊力は、かなり大きいって言えるんよね。

 

教団から広報の人らが派遣されて、詰め寄る場面もありますね。

 

ただ、それで話しかけるとかの場面もあって、正直言うてあれは邪魔ですね。

 

話させないいう妨害なのか、まあいずれにしてもやはり嗅ぎつけるととにかく来ますね。

 

まあそういうことがあるんで、私も直接会いに行ってマークされるとまずいんよね。

 

ともあれ何とか、有益な情報だけ伝えたいんよね。

 

まあしかしあれだけやれば、ネットを知らん人にも伝わるし、広報相手に騒ぎになればそれも宣伝効果があるんよね。

 

教団のやることは教祖の転落期の運気の影響で、悪手になることが多くなりそうじゃけえ、とにかく派手に動いて欲しいもんよね。

 

やればやるほど教団にはダメージ、百害あって一利なし。

 

つうことで、とにかく教祖長男には頑張ってもらいたい。

女貞子の実の収穫終盤、てかほぼほぼ終わり。ようやく、時間の余裕ができる。

女貞子の実の収穫なんじゃけど、去年に比べて今年は近場になったこともあって、だいぶ余裕ができたんよね。

 

しかし、収穫自体にはそれなりに体力や時間が取られるんよね。

 

収穫の時期は限られとるんで、時期を逃すわけにはいかんのよ。

 

1日数時間取られる中で、YouTubeの動画撮ったり編集したり、他にもブログ書いたりいろいろしとる。

 

毎日寝るのも遅くなり、2時には寝たいところ3時を回ることも。

 

睡眠時間はあっても、寝入る時間が遅いと疲れが取れんのよ。

 

かなりキツい毎日なんじゃけど、それでも頑張らにゃならまぁ。

 

ただ、1月も後半になってきてだいぶ落果が目立つようにもなったんで、とにかく最後の踏ん張り。

 

収穫効率は落ちてきたものの、しかしシーズン終了まで頑張ります。

農イノベーション兵庫、セミナーじゃなくてシンポジウム。これでは、交流できんわのう。

先日、農イノベーション兵庫での集まりがあったものの、シンポジウムで交流イベントはなかった。

 

あんまり名刺交換とかの機会がなかったものの、ともあれ、やれるだけやってまいりました。

 

鉄は熱いうちに打てじゃないんじゃけど、早いうちに連絡取らにゃならまぁ。

 

変則的いうか、前回と違いブースとかもできんかったね。

 

来月はセミナー形式じゃけえ、そこでなるべく名刺交換じゃ。

 

前もって。その催し物の内容をチェックしとかにゃまずいのう。

 

行きの電車の中では、内職しとった動画編集の内容も消し飛び、アテが外れた感が強かった。

youtu.be

 

邪魔も、かなりあった感じなんよね。

 

しかし、条件の悪い中では、まあまあようやったっておもえる。

 

ともあれベストを尽くしておかにゃ、後で悔いが残るけえね。